Return to site

ゴミの量を如何に伝えるのが正解?

~わかりやすく伝えるには、何かと比較するのがベストかも!~

ゴミの量を如何に伝えるのが正解なのか?ゴミといってもいろいろな物がございます。例えば家具や家電などであれば、伝えることができますが、戸棚の中の不要物をどう伝えればいいのか悩むものですよね。

そんなときは、生活で使用する45Lのゴミ袋に、ゴミを入れたときにどのくらいなるかと考えれば、イメージし易いかと思います。細かいゴミは、形にある容器に入れて、考えてみてください。

何事もそうなのですが、例えば、長いと短いという言葉がありますが、これは何かと比較して長いとか短いとか言えるわけで、決して長いだけでは意味が通用しないわけです。ゴミについても、多いというのは主観でしかなく、それを業者に伝えても伝わらないわけです。

ですが、45Lのゴミ袋に入れると、おおよそ20袋くらいになりそうです。となれば、20個分を入れられる荷台が必要となりますし、1個あたりの費用の計算もできるわけです。物事を伝えやすくする方法として、何かに例えたり、何かと比較したりするとわかりやすいかもしれません。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly